fc2ブログ
自然と農業 103号
2021/11/17(Wed)
第2期大豆肉の時代に入った食肉(?)業界

 第2 期大豆肉の時代に入ったが植物から抽出され製品化された人造肉。人造肉の表現が適正であるか否かわからないが、家畜から生産された肉でないことは事実である。人工肉に関する記事とアニマルウェルフェアの記事はマスコミに最近よく掲載される。先日も大衆紙に植物製肉の記事が大きく報じられていた。いまや、植物製肉を食する人達はベジタリアンだけではなく、一般的消費者の人たちが食するようになったようだ。わが業界の大手ハム・ソーメーカー等からも発売されるなど、一般食に近い商品となって来た。第2 期人造肉の到来の特長は、大手食品メーカーならび周辺企業からの参画もあり、資金豊富な企業による研究開発投資をあげることができる。一般大衆紙に掲載された内容によると小売業からの参画といった新たな産業の誕生ともいえる。一方、大きく報じられたのが、アニマルウェルフェアで業界人が思う以上に消費者に浸透しこれまた新らたな産業の誕生と見える位、恐ろしいスピードで業界をかけめぐる。新らたな紙面でのにぎわいは消費者意識を変える。この意識変革の裏には、流通業界の動きがあることをわすれてはならない。

自然と農業 103号目次
この記事のURL | 講演会 | ▲ top
ワタミファーム武内氏 有機農業を語る
2007/05/18(Fri)
ビジネスになってこそ有機は広がる

農業界の規制が問題、3兆円の税金を投入
新規参入のポイントはP/Lベースでやること。北海道では7割が失敗


ワタミファーム武内氏


NPO法人日本オーガニック農産物協会は3月22日、株式会社ワタミファームの武内智氏を招き「外食産業と有機農産物」と題する講演会を開催した。
武内氏はビジネスの視点が有機農業を広げるためには重要と指摘する。また複雑な補助金の仕組みを誰でも分かるようにすべきと強調した。
(続きは45号に掲載)
この記事のURL | 講演会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |