FC2ブログ
有機農業技術会議 農を変えたい!全国集会
2007/06/12(Tue)
食と環境、そして農を結びネットワークの構築を

農を変えたい
農と食と環境を結ぶ―有機農業推進の計画づくりと有機農業への転換技術―をテーマにした「農を変えたい!全国集会」が、3月18日、滋賀県立大学交流センターホールで開催された。
 この集会は、有機農業が持つ多様な力を再確認することを目標に、昨年12月8日に有機農業推進法が制定されたことを受け、今を「有機農業を核とした環境保全型農業」への転換期と捉え、その推進を話合おうというものである。
 その主体となっているのは、農と食、環境と教育、福祉と健康などに取り組む草の根の人々で、有志が集まりこの集会の開催を手掛けている。
 当日行われたパネルディスカッションでは、霜尾誠一(愛農高校理事長)氏、金子美登(全国有機農業団体協議会代表)氏、山口節子(生協連合きらり会長)氏、藤田和芳(大地を守る会会長)氏、麻田信二(前北海道副知事)氏が参加した。
 テーマは「有機農業推進計画とこれからの環境行政」と題したもので、ディスカッションの中では各々が、成功している取組みを報告しあった。
(続きは45号に掲載)
この記事のURL | 大会・総会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コフナ農法普及協議会総会
2007/05/18(Fri)
土着微生物の積極利用を

有機質資材の評価認証システムが必要

「コフナを利用した土壌病害の抑制効果は大きい」千葉大学・雨宮良幹教授
雨宮教授
 コフナ農法普及協議会(漆眞下喜蔵会長)は2月23日、記念講演会を行った。
 千葉大学園芸学部の雨宮良幹教授による記念講演「堆肥等有機物を利用した土壌病害の防除」が行われた。土壌病害が発生するメカニズムや土壌病害の特徴などを解説した後、実際に行われた実験データなどをもとに、有機質資材が土壌病害に対し、どのような効果があるのかなどが示された。(以下45号に掲載)
この記事のURL | 大会・総会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |