自然と農業 87号
2017/11/15(Wed)
自然と経済の調和 スペイン、ドイツのBio を視て感じる

 先日、スペイン、ドイツのBio スーパーに行く機会があった。Bio 商品の品ぞろえの多さには毎回驚かされる。毎年ドイツを中心に視察を20 数年にわたり実施してきたが、Bio(オーガニック、有機)が市民社会の中に定着し、特殊ものの感覚がなくなったという事実である。この流れは畜産物すなわち卵・肉製品においても同様である。わが国のように一部の人の間にあるファッションといった考え方はなく、環境・健康をベースとした考え方が定着し、違和感なく“自然”に受け入れられ、“当然”といったとらえ方が芽生えている。今回訪問した養鶏場(採卵、ブロイラー)生産者においては環境を大切に、鶏にとって最適な方法で、現代科学を用いて利にかなったとらえ方で飼育や環境面に配慮したシステムを導入する等の対策を講じ、“ 鶏” にとってどうなのか、をより具体的な型で採用。“自然”と“経済”の調和を大切にしている。この調和をベースに各有機組合共、EU 基準よりもさらに厳しい基準を設け、経済面での有利性を見いだそうとしている。

>>自然と農業87号 目次
この記事のURL | 自休 | ▲ top
自然と農業 86号
2017/08/14(Mon)
中国の今をBio Fachが教える

毎年5月に中国・上海市で開催されるBio Fach china。今年も5月25日から27日の3日間にわたり上海市・上海世博展覧館会場で全国の有機関係者が集い盛大に開催された。5年にわたり毎回取材に行き、展示会を通して中国の有機農業の実態を見て来た編集子にとって、急激に伸びる中国の有機の姿を見ることができた。とくに5年前の2013年頃の出展企業の大きな特長は、アメリカ資本との合弁による乳業会社(オーガニックミルク)の展示が数社あり、さらに畜産物も数社展示されていた。これは過去には見られなかった光景である。そのうち、乳牛会社の展示方法は斬新で過去の展示内容を打ち破り注目度を高め、展示会を通して勢いを感じた。今年のBio Fach Chinaでは、オーガニックビーフ、オーガニックパン、オーガニックミルク等を試食させるブースが登場する等、過去の展示会とは異にし食文化の向上を目指す中国の今をBio Fachで見ることができた。中国から日本に目を向けた時、何と表現すればいいのか、である。今年は2か所で主催者の異なる展示会が催される。有機の世界は小さな組織団体が数多くあり、バラバラ感が漂う。たとえば有機食品の認定機関を取り上げても2団体あり、力の分散といわれても致し方ない。そろそろ交通整理が必要な時期を迎えたのかもしれない。それとも資本の論理に身を任せたほうがスムースに行くのか……。力の分散は業界発展には繋がらない。

>>自然と農業86号 目次
この記事のURL | 自休 | ▲ top
自然と農業 85号
2017/05/12(Fri)
非遺伝子組換え飼料をベースとした「特別飼養畜産物」認定の動き

先日、オーガニック関連団体の総会に行く機会があり、総会資料の中に「特別飼養畜産物」の認定を行うため今年の9 月をめどに基準の作成を行う旨の報告があった。「特別飼養畜産物」を考えた背景には「特別栽培農産物」の畜産版があってもいいのでないかとの考えに基づくものといわれる。委員会の構成メンバーも幅広く、流通、飼料メーカー、有機認定事業者6 ~7 人で構成するという。すでに人選に入っており、第1 回会合が5 月中に開催されるという。関係筋によると内容のポイントは非遺伝子組換え飼料を使用し、アニマルウェルフェアの考え方をベースに鶏舎システムを3 段階に分け、3 つのグレードに分類して第三者認定を行うというもののようだ。認定する機関は有機JAS 登録認定機関を予定しているとのこと。JGAP の畜産基準も発表される等、認定商品がいよいよ世に出てくるのも間近となった。このまま推移すると認定商品と自主ブランド商品の住み分けが進み、アメリカ化することが予想される。

>>自然と農業85号 目次

 
この記事のURL | 自休 | ▲ top
自然と農業 79号
2015/11/19(Thu)
煙害による被害さらに拡大

 9 月下旬から10 月上旬にかけて、シンガポール、マレーシアへハラール認証の件で訪問する機会に恵まれた。この項ではハラール認証について報告をしない。例年いわれて来た「煙害(ヘイズ)」について実体験に基づき報告する。緑が多く美しい国シンガポールとマレーシア。よくぞここまで植林ができたものだと感心する。シンガポールの建国の父といわれるリクワンヤ前首相の先を見越した環境整備の賜ものだという。マレーシアから独立し、無資源国シンガポールを緑によって世界から投資を寄び込み、国の基礎を造りあげた。この国さらには、マレーシアがインドネシアボルネオ島の森林火災(野火・燃畑)の煙によって子供の健康被害、飛行機の欠航、さらに観光業等に影響が生じている。編集子が訪問した当日マレーシアでは煙害の影響で小学校の休校等をラジオを通じて文部大臣が発表、教育面でも影響が拡がっている。東南アジアでは環境問題から焼畑を法律で禁止しているが、今年の3 月にラオス訪問時に行政担当のいわれた言葉が耳に残る。「農民はその影響についてわかっているのだが、肥料を購入することができない……」。と。この言葉がすべてを云いつくしている。




<目次>
・TPP交渉が大筋合意 農産物は重要品目の3割、野菜全品目で関税撤廃
・平成27年度農林水産祭、有機JAS認証法人が天皇杯受賞
・農林水産概算要求、環境保全型農業直接支払交付金は微増で要求
・ロンドン発 オーガニックフード最新事情
 ~大手スーパーPBを中心としたマーケットに変化の兆し~
・土壌の天地返しによりセシウム濃度は低減、堆肥施用で地力回復
~平成27年度JRA家畜振興事業に関わる調査研究発表会から~
・CSAにより小規模、地産地消、無農薬で持続可能な農業目指す
 ~第4回CSA研究会報告 アメリカ「Henry’s Farm」の取組から~
・岩石抽出ミネラルが農産物の品質向上に有用
 ~第11回BMW技術基礎セミナー~
・国際シンポジウム「有機食品市場の展開と消費者」開催
・野菜摂取を重視しているが88%と増加
 ~タキイ種苗㈱「2015野菜と家庭菜園に関する調査」より~
・カナダ産オーガニック農産食品産業セミナー・商談会
・農業資機材を網羅、展示商談会「農業ワールド2015」
・EXPO経営大賞に有機生産法人~第10回アグリフードEXPO東京2015
・第5回通販食品展示商談会/第18回グルメ&ダイニングショー
・自休
煙害による被害さらに拡大
・ナカツカカナのオーガニックコラム14 中塚華奈
・生産者を訪ねて
SNSを通じた交流をベースに安心野菜を生産・宅配 青木農家
・消費者との接点・小売りはこう見る
契約農家の栽培法を理解し、農家の顔と有機野菜の魅力伝える ちろりん村
・在来品種を巡る 種子島安納地域から栽培が拡大 安納芋
・Think about organic movements
食品市場でスーパーフードがブーム~ドイツ
・海外の話題
・国内ニュース
・編集部おすすめ Book&Movie
・8月・9月・10月のイベントのお知らせ
・資材等の仕入案
・編集後記
この記事のURL | 自休 | ▲ top
| メイン |