自然と農業67号
2012/11/19(Mon)
何もかもが後回し、復興とは言葉のみ
リスク回避もできず、結果が出ても手打てず

 福島原発の影響はいまだ続き、国民生活に負の材料を投げかけている。復旧のめどさえ立たず、自由にわが家に帰れぬ日々を送る被災地の人たち。政府、東電は手をこまねいているわけではないだろうが、二転、三転する説明に対し、今でも信用できないといった声は強い。ご都合主義に走った説明、そこには被災地の姿はなく、加害者である政府、東電の自己暗示と自己弁護に終止する。

 被災地を逃れ疎開する人たち。セシウムが風に舞い、いまだ子を持つ親たちの危機感と苦悩は続く。西日本に疎開している関東の母たち、その数は膨れ上がっているという。また被災地以外で農業を営む人たちもセシウム被害におびえる。ドイツではいまだ森のキノコを食してはいけない地域があり、原発事故の恐ろしさは時がたっても市民生活を脅かす。現代科学で措置できない原発。CO2を減らすには原発が必要だと。事故を起こしたらCO2どころではなくなる現実。財界も原発をゼロにするなと。他の代替エネルギーではコストアップになると。今回の事故によってどれだけの経費が投入されたのか。しかもまだその補償は続く現実。政治の空白が続き、議員先生の頭は選挙のこと一色。なにもかも先が見えない中、なにを信じればよいかである。念仏の世界なのかもしれない。


―目次―

・種子メーカーの世界戦略
 (特)アイフォーム・ジャパン 有機種苗第2回セミナー
・有機JAS見直しに向け具体的な提案を
 有機農業政策提言グループ「有機農業推進計画の見直しに関する意見交換会」
・「有機の郷」を目指して 山梨県主導で環境保全型農業の推進へ
 山梨県/有機自然共生農業を考えるつどい実行委員会
・有機農産物が、なぜ拡がらないか?アンケート調査 ~ 鹿児島大学准教授 李哉泫
・平成24年度第1回畜産コンサルタントセミナー
 「畜産後継者の確保─経営継承を中心に」開催 価値ある経営資源を第三者継承者へ繋ぐ
 ~ (社)中央畜産会
・第50回コーデックス連絡協議会
 コーデックス委員会の活動および日本の活動状況について報告
 ~ 厚生労働省・農林水産省
・「第2回国際農業資材EXPO」が幕張メッセで開催
・「地方銀行フードセレクション2012」
・放射性物質が含まれる汚泥肥料についてのQ&Aを公開 ~ 農林水産省

〈シリーズ連載〉
・自休
 なにもかもが後回し、復興とは言葉のみ
 リスク回避もできず、結果が出ても手打てず
<生産者を訪ねて>
・オンリーワンの有機ハーブ生産と自給自足の暮らしを実現
 ハーブズマンS農園代表 ~ 福山久之
<地産地消の拠点>
・グリーンツーリズムで地域農業を活性化 “農の魅力”で都市住民を呼び込む
 ~ みんなみの里
<消費者との接点・小売りはこう見る>
・有機だからこそ売る意味がある 店で扱う野菜・果物の8~9割は有機JAS認証
 ~ はるさん商会
・ブータンの有機農業とGNH4 ~ 前田知里
・有機食品の話題
・Think about organic movements
 米国食品安全強化法の規定の概要
・ナカツカカナのオーガニックコラム2 ~ 中塚華奈
・在来品種を巡る  万福寺鮮紅大長人参
・海外の話題
・国内ニュース 
・編集部おすすめ Book & Movie
・11月・12月・1月のイベントのお知らせ


この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |